自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?

自己破産をすることによるデメリットやペナルティは? ≫ 自己破産をするとどんなペナルティがあるの?
正確には法的に認められている方法で借金を整理することを債務整理と言います。
自己破産はその中の手段の一つなので、自己破産の種類と言われるのは正確には債務整理の種類ということになります。

おおまかに分けると
裁判所を通さず交渉をして借金の見直し、減額をしてその内容にしたがって返済していく「任意整理」

決まった収入があり、決められた額を毎月返済することで家を手放さなくて済む「個人再生」
といった方法で解決を図る人が多いですし、支払不能とみなされた場合には「自己破産」も可能となります。

ネガティブな印象を拭い切れない自己破産ですが、そこまでしなくても上記のような整理方法もありますし、他に手段がなく自己破産をするとしても言われているほどなにかペナルティがあるかといえば債務整理後の生活に大きくダメージを与えるものではないのです。

代表的な任意整理(任)、個人再生(再)、自己破産(破)とします。

信用情報に金融事故として記載されるため5-7年新たな借金が出来ない(任)(再)(破)
一定額以上の財産は処分して返済に当てなければならないので家は失う(破)
官報という国の広報誌に記載される(再)(破)

大きなところで言うとこれらがペナルティと言えますが・・・
エッと思うかもしれませんが、言い換えればこれだけです。

その中で一番大きいペナルティと言えるのが新たな借金が出来ないということだと思いますが、借金がかさんでくると債務整理をしなくてもおのずと借入はできない状態へとなってきます。

支払い滞納、限度額超過、総量規制等これらに該当するという可能性もかなり多くなってくるからです。

払うべき借金を減額してもらったり免除してもらうのだから相当のペナルティがあるのだろうと過大なことをいう人が多いのですが、ペナルティとしては拍子抜けするくらいのものでしかないというのが事実です。

どの方法を選んで債務整理をすればよいのかは弁護士、とくに借金問題に強く経験豊富な弁護士への相談から始めるのが一番です。

借金のプロ弁護士に秘密厳守で無料相談。
自己破産に関してはあやふやな知識のもと間違ったことをもっともらしく言う人が多いので、それを間にうけて@江ナルティやデメリットばかりを気にして自己破産や債務整理に踏みきれず苦しい日々を送っているという場合が多いことにもびっくりしてしまいますが、これも事実なので嘘の情報をまとめてみます。特にペナルティな当たる部分でのウソも多いので惑わされないことも大事ですし、それによって苦しい思いを続ける必要は無いのです。

戸籍に載ってしまうので影響が出る
自己破産を含め債務整理で戸籍に記載される情報は何一つありません。
上記個人信用情報には載りますが、新たな借金に影響が出るだけです。

パスポート作れない、引っ越しできない、選挙権が無くなる
・・・このようなことは一切ありません。

会社をクビになる
自己破産をしたことを理由に解雇することができませんし何らかの懲戒処分やペナルティも与える事ができません。

ギャンブルでの借金では自己破産できない。
免責不許可理由と言って自己破産を認められない事項のなかにギャンブルがありますが、ギャンブルで借金、そしてその後の生活苦での借金をトータルで判断するのが通常なので自己破産できません!と放り出されることはまずありません。

ただ、こういったことを成功させ人生リセット第一歩とするためには、やはり弁護士の敏腕が不可欠です。自己破産に限らず債務整理には弁護士選びが一番のポイントとも言えます。
そうすることでデメリットやペナルティの影響を最小限に抑えることも可能になります。
あなたにぴったりの相談所が無料で見つかる
 
破産をすると官報に載りますがこれがブラックリストだと思っている方も多いみたいです。
でもこれはあくまでも自己破産をしたという事実が掲載されるだけでその後の借金の審査に利用するということはありませんし、一般の人で官報を見る事がある人は本当にごく稀だといえます。

つまり任意整理以外の自己破産や個人再生で官報に載ることのデメリットはほとんどないといえますしペナルティにもあたりません。

ブラックリストという呼び名が関係するのは個人信用情報で業者が新しく審査をする際に見られるものになります。ここに事故情報として記載されることが俗にブラックリストと言うものになります。

実際に自己破産のデメリットとなるとこのブラックリストと財産がある場合はそれを債権者に分配するため家や古くない自動車は無くなるということだといえます。

これといった財産がない場合は同時廃止という手続きにより免責が許可されると自己破産となり借金を払わなくても良くなります。
苦しんでいた借金から開放され返済しなくても良くなることを考えれば5-10年の新規借入ができないことくらいは問題ないとも言えます。
これをペナルティという見方もありますが、借金を帳消しにしてもらう引き換えの数年間だと思えばペナルティという認識だとしてもかなり軽いものではないでしょうか?

一定期間新規の借り入れやローンが不可能だという言うのは自己破産に限らず債務整理全般に当てはまります。

自己破産というと惨めで悲惨な生活を余儀なくされるイメージが有りますが、破産が原因で悲惨なことになっている人は私の周りでは見たことがありません。

自己破産と他の債務整理の違いは「官報に載る」免責が許可されて復権するまで就くことが制限される職種があるということだけだとも言えるのです。

思い切って自己破産にしたほうが良いのか、チャラにならなくても大幅に減額された額を返済していくのかという違いをどう認識するか、どのように進めたいのかも含めてプロに相談してみると的確なアドバイスがもらえるので進め方の指針とすることも可能です。

どの債務整理の方法が良いのか無料で診断

 

Copyright © 2017- 自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?