自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?

こういうふうに聞くと破産をするとずっと就けない仕事があるように思われます。

これは「破産者」という言葉が破産した人という意味にとられてしまうからで
たしかに破産者とは過去を含め破産をしたことがある人全体を
指すように感じてしまいますが正確には

破産者=破産手続き開始(破産宣告)から免責決定までの間だけのことです。

ですので破産者が就けない仕事も免責が決定すれば元通り問題なく就くことが可能です。

現在破産宣告から免責決定までは極力期間を短くするようにいろいろ配慮や改正等がなされていますがそれでも数ヶ月に及ぶ場合もあります。

資格制限に引っかかるお仕事をしている場合は、その間の対策は講じておく必要があります。


公法上の資格制限は
弁護士、公認会計士、税理士、公証人、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、宅地建物取引業者、商品取引所会員、証券会社外務員、質屋、古物商、警備員、生命保険募集員、損害保険代理店

私法上ほ資格制限は
代理人、後見人、遺言執行者

などが代表的なものになります。

前述のとおりこれらの制限は免責許可を得て復権することで解除されますし、当然免責許可により借金の支払い義務がなくなります。

Copyright © 2017- 自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?