自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?

自己破産をすることによるデメリットやペナルティは? ≫ 自己破産後のスーパーホワイト
自己破産をはじめ債務整理を躊躇する原因の一つにブラックリスト入を嫌うというのがあります。
ブラックリストとは個人信用情報機関に事故情報(異動情報)が記載されることで、この記載があると新規に借り入れやクレジットカードやローンの審査が通りません。

ただこれは債務整理をすると一生記載され続けるものではなく、自己破産で10年です。

もうブラックリストではなくなったのに審査が通らないという話もよく聞きますが、
審査はブラックや遅延の有無だけじゃなく他者借り入れや収入等を総合して判断されます。

ですので、債務整理を指定なくても審査が通らないということも多くあるのです。

自己破産によるブラックリストが消えた時点では他の借り入れはないはずですので、審査は通ってもいいような気がしますが、ここで審査通過を妨げる要因としてスーパーホワイトがあります。

これはブラックリストの真逆のもので、借り入れや返済・支払い記録が全く無いもの。
つまりカードやローンを全然使っていな状態を示すことになります。

社会人なりたてならそれもアリですが、そうじゃない場合一切クレジットカード類の利用履歴がないというのも貸す側としては不安を感じる要素となるのです。

ブラックから明けるとすぐカードを申し込みたくなったりするのもわかりますが、審査をつつがなく通過させるために、利用履歴をつくって信用をアピールする手段も必要です。

スーパーホワイトでカード審査が通りにくいのに履歴をどうやってつくるんだ?ということになりますが、ブラック明けで比較的審査が通りやすいのが携帯電話(スマホ)です。

機種代を分割払いにしている場合、機種販売の携帯は分割での支払い、つまりローンと意味的には同じになります。

分割払いの審査が通ったら遅延することなく支払いをしていきましょう。

そうすることでクレジット利用履歴(クレヒス)が形成されます。

優良なクレヒスをつくることで、その後のカード発行やローン審査の際にも優良顧客であると認識してもらえます。

逆に注意することは、上記記載のとおり携帯電話(スマホ)の機種代分割支払はクレヒスに影響するので遅れることなく払っていくことが重要です。

ということは機種代を分割にしている場合、携帯代金だからと軽く見て遅延や滞納を続けるとブラックリストとなってしまうということになりますので注意が必要です。

 

Copyright © 2017- 自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?