自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?

自己破産をすることによるデメリットやペナルティは? ≫ 自己破産?夜逃げ?どっちがいいの?
自己破産のイメージが家や職も追われて惨めだったり悲惨なものだというのは未だに根付いているようで、そんなんだったら夜逃げのほうがまだましじゃないかとさえ思う方もいます。

たしかに業者からの借金は5年で時効となるため5年間ひっそりと隠れて生活していればあとは自己破産のように悲惨ではなく普通の生活ができそうということなのですが、実際はどうなのでしょう。

夜逃げをしている間はどのようなものかを確認すると

・住民票を移すことができない
居場所がわからないように逃げるのですから当然住民票を移すことはできません。
そうなると健康保険証も発行出来ませんし、子供が学校に行くにも困ります。

・裁判を起こされたら時効は10年に延長される
逃げているので本人はわからなくてもその間に裁判を起こされている場合があります。
裁判を起こされると時効は10年に伸びてしまい更に5年逃げなければなりません。
知らずに5年過ぎて時効の援用をしようと思ったら時効じゃなかったなんて考えるだけでもゾッとしてしまいます。

少しでもいいから払ってくれと言われ、その場しのぎのつもりでちょっとでも払ってしまうとそこで時効も振り出しに戻ってしまいます。

このように逃げている5年はとてつもなく長い期間に感じられるはずです。

自己破産は法的に認められている借金リセットのシステムです。
免責許可を得たあとは何年か借金ができないことを抜かせば、拍子抜けするほど変化がありません。

むしろ朝起きた時に借金のことを心配しなくても良い点はこれまでよりも精神的にも穏やかな生活ができています。

夜逃げをしようかと思うほど苦しい状況であるなら、無料相談を上手に活用してはやくその苦しさから解放されるようにしていくべきだと強くいえます。

イメージでは自己破産が悲惨だったりしますが、夜逃げをして隠れて過ごすこと、ましてやそれがうまくいかなかった悲惨さのほうが数倍以上なのは明白です。


自己破産をしなくても借金が減額できるかもしれません。

>>借金減額を匿名で無料診断<<

Copyright © 2017- 自己破産をすることによるデメリットやペナルティは?